【大学生は今すぐ買おう!!】kindleの魅力を徹底解説します

スポンサーリンク
おすすめ

こんにちわ、ぽんたです。

皆さんは読書をしていますか? していないなら事件です。

読書ってつまらないじゃん。

このように言う人に限って、読書をしたことがないのです。

ですが、今回は「読書はつまらない」と言う人に向けて記事を書きます。

私も高校生1年生までは「読書の何がいいの?」と思っていて、読書をするようになるまでに2年もかかってしまいました。

ですが、電子書籍リーダーの「kindle」を買えば、すぐに読書をすることが習慣になります。

大学生はkindleで本を読もう

今では、「kindleをもっと早く買えばよかった」と後悔しているぐらいです。

【 kindleで読書するメリット 】

✔ 沢山の本を持ち歩ける

✔ フロントライトだから目が疲れにくい

✔ 片手で本が読める

✔ 軽くて薄いから持ち運びに便利

✔ 圧倒的に安く、本を読むことができる

沢山の本を持ち運べる

kindleは電子書籍なので、本のデータさえダウンロードしてしまえば、何冊でも持ち運ぶことができます。

沢山の本をダウンロードしたら、容量が足りなくなってしまうよ

このような悩みを持つ方もいるでしょう。

・スマホのインターネット共有機能を使えば、その場で読みたい本をダウンロード

この方法なら容量が大きくならずに必要な本を持ち運ぶことができます。

フロントライトだから目が疲れにくい

数多くあるタブレット端末から「kindle」を選んだ最大の理由です。

普通のタブレット端末は、ディスプレイの後ろからライトで画面を照らしているため、長時間スマホをいじっていると目が疲れてしまいます。

しかし、kindle端末はディスプレイより外側(横側)にライトが内蔵されているので、目に直接光が入ることはなく、長時間の読書や少し暗いところでの読書に向いている。

さらに、フロントライトはバッテリー消費がバックライトに比べて少ないので、バッテリーの持ちも最高に良い。

片手で本が読める

kindleの最大のメリットと言っても過言ではありません。

紙の本では、両手でしっかり持って読書をするイメージですが、kindleは片手が空いていればいいのです。

片手で読めるのってそんなに重要??

読書している人なら、片手で読める重要性が分かると思います。

1.電車の中で吊革につかまりながら本を読める

2.長時間読んでいても肩が痛くならない

3.スマホをいじる時と同じ態勢で読める

この3つができることによって、紙の本の

時より読書をしている時間が圧倒的に長くなりました。

軽くて薄いから持ち運びに便利

紙の本をカバンやリュックに入れると、どうしても折り目が付いてしまったり、場所を取ったりしますよね。

ですが、kindleの大きさは「167mm × 116mm 」で、厚さは「8.18mm」なので、小さなバックでも場所取りません。もちろん、本に折り目が付くこともありません。

圧倒的に安く、本を読むことができる

kindleでは、Amazonのサイトで本を一冊一冊買うことも出来ますが、それだと紙の本を買って読書していた時の出費額とあまり変わらないですよね。

・kindle unlimitedに加入する

【kindle unlimitedとは?】

月額980円でkindle unlimitedに登録してある本なら無制限に読むことができるサービスです。

書籍数は和書が12万冊、洋書が120万冊もあります。この中には漫画や雑誌もあるので、気軽に色々な種類の本が読むこともできます。

大学生におすすめのkindle

kindleを開発しているAmazonは様々なkindleシリーズをだしている。

大学生におすすめするシリーズは8GBモデルのkindle paper whiteです。

マンガも沢山読みたいという方は32GBモデルの「kindle paper white」をおすすめします。

kindle paper whiteは「the 電子書籍」みたいなビジュアルで、とてもシンプルです。

✔ kindle paper whiteの魅力

・軽くて薄い

・防水機能

・バッテリーの持ちが良い

・操作が簡単

・持っているだけでおしゃれ

kindle paper whiteのバッテリーはフル充電すると一週間ぐらい持ちます。もちろん、私の読書量によるのですが、バッテリーの持ちはiPadなどと比べても最高に良いです。

カフェで読書をしたり、何か飲みながら読書をすることが多い人は、もう飲み物をこぼして本が濡れてしまうという心配をしなくていいのです。kindle paper whiteには防水機能が付いていて、お風呂で読書をすることもできてしまいます。

私が個人的に良いと思っているところは「持っているだけでおしゃれ」という所です。kindleはシンプルかつカラーバリエーションもブラック、ピンク、ブルー、グリーンと、自分の好みのkindleを見つけられます。

なので、カフェでkindleを使って読書をすると少し大人になった気がします(笑)

まとめ

読書をするということは「先人の知恵を借りる」ことだと中学生の時の国語の先生がおっしゃっていました。

しかし、ビジネス本や勉強の本だけではつまらないですよね。少し読み進めて飽きてしまったら、マンガや小説を読んで休憩するのもいいでしょう。

読書をすることで得た知識や考え方が、何か新たな挑戦をする時や困った時の良い判断材料になるでしょう。

ぜひ、kindleで本をどんどん読んで、人生をもっと充実させてください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました