VLOGにおすすめなカメラはGoProです。【おすすめな理由5選】

スポンサーリンク
おすすめ

こんにちわ、ぽんたです。

友達が箱根でvlogを撮ってきてくれたので編集してYouTubeに公開しました。

【vlog】箱根に行ってきました。

この映像は全て「GoPro Hero 8」で撮ったものです。

そこで、今回はvlogに最適なGoProの魅力と使い方を徹底解説していきます。

【この記事を読むメリット】

・GoProがおすすめな理由が分かる

・vlogでのGoProの使い方がわかる

最後には、GoProで撮った写真もお見せします。

・GoProのここがすごい!!

・GoProがvlogにおすすめ理由

・まとめ

では、早速解説していきます。

GoProのここがすごい!!

GoProってスキーとかしている人が使うやつだよね

GoProはカメラの種類ではアクションカメラに分類されています。なので、スキーとかサーフィンとかに使うカメラだと思われがちです。

しかし、GoProには使った人にしか分からない魅力があるのです。

・走ってもブレない手振れ補正

・スーパーフォトで写真でも大活躍

・超広角だから、大人数で自撮りも可能

・歩きながらタイムラプス(タイムワープ)も撮れちゃう

・どこにでも持ち歩きたくなるサイズ感

走ってもブレない手振れ補正

GoProはアクションカメラなだけあって、手振れ補正の効果は大きいです。

走ったり、階段を上ったりしても全くブレません。普通に歩きながら動画を撮っているだけで滑らかな動画が撮れます。

カメラに詳しくない初心者の方でも、まるでドローンで撮影しているかのような映像が撮ることが出来ます。

スーパーフォトで写真でも大活躍

記事に載せるために写真を圧縮したので、少し荒くなってしまいました。

GoProには、スーパーフォトという写真モードがあります。

このモードでは、色や画質を選ばなくてもGoProが自動で設定してくれているので、だれでも気軽にいい写真が撮影することができます。

色の鮮やかさが際立つのもスーパーフォトならではの特徴ですね。

GoProで撮ったvlogはYouTubeに載せているので、ぜひ見てください!

超広角だから、大人数でも自撮り可能

この写真は、友達が箱根に行ってきた時のものです。

GoProを地面に置いて写真を撮るだけで、ここまで広角に撮影してくれます。

もちろん、花や食べ物を撮りたいときには、挟角(狭く撮る設定)も設定できます。

大勢で集まった時に自撮りで撮ろうとして、つめつめで撮っていたあの頃とはお別れです。

歩きながらタイムラプス(タイムワープ)も撮れちゃう

タイムラプスとは、カメラを固定して、数秒ごとに撮影した写真を繋げて1つの動画にする撮影方法ですよね。

しかし、タイムワープはカメラを持ちながらタイムラプスが撮影できる方法です。さらには、タイムワープを撮影している最中に普通の速度の映像に切り替えることができ、動画に緩急が付き、面白い映像になります。

歩きながらタイムワープを撮ると、動画の中では、ヌルヌル前に進む感じになります。

どこにでも持ち歩きたくなるサイズ感

GoProのサイズは、縦:約5cm 横:約7cm です。ズボンのポケットに入ってしまうくらいのコンパクトです。

どうしても、一眼レフカメラやコンタクトデジカメは少し荷物になってしまうと考えている人なら、GoProは最適なカメラだと言えます。

私は散歩にもGoProを持ち歩いて写真を撮っています(笑)

GoProがおすすめな理由5選

初心者がvlogを始める時におすすめなカメラはこちらの記事でも紹介しています。

カメラの種類は、コンパクトデジタルカメラから、アクションカメラ、一眼レフカメラなど様々です。

これらの中でも、vlogを撮るにはGoProがおすすめです。

1.軽くてコンパクトだから荷物にならない

2.アプリを使えば、スマホに写真を簡単に送れる

3.バッテリーはモバイルバッテリーで充電できる

4.防水だから、海の中でも雨が降っても大丈夫

5.自分で設定しなくても綺麗な動画や写真が撮れる

1.軽くてコンパクトだから荷物にならない

荷物になるかならないかは、遊びや旅行に行く時には大切なところです。

スマホより小さくポケットに入ってしまうGoProは、綺麗な景色や面白いものがあった時にすぐに撮り始めることができます。

また、撮りながら歩いても邪魔にならないのは魅力的な点です。

2.アプリを使えば、スマホに写真を簡単に送れる

「GoPro Quik」というアプリをダウンロードしておけば、GoProで撮った写真を簡単にスマホに取り込むことができます。

「GoPro Quik」のアプリ内で、BGMを入れてくれたり、カットしてくれたり自動でやってくれます。編集された動画をInstagramなどに上げて自慢しちゃいましょう!

3.バッテリーはモバイルバッテリーで充電できる

GoProには、バッテリー容量が小さいという弱点があります。感覚的には、動画を撮り続けて1時間半持つかどうかといったところです。

しかし、vlogで動画をそんな長く撮り続けるという場面はありません。なので、普通に使っていれば3時間とか4時間ぐらい持ちます。

そんな、GoProのバッテリーはスマホの充電にも使えるモバイルバッテリーでも充電することが出来ます。しかし、GoPro 5より前のモデルのバッテリーは要注意です。

予備バッテリーを購入して、片方が切れたら充電して、もう片方で撮影を続けるというスタイルがvlogを撮影するときには最適です。

4.防水だから、海の中でも雨が降っても大丈夫

GoProの機能である「防水」は水深10mならカバー無しで撮影することが出来ます。

もちろん、雨とか水たまりに落としたぐらいでは壊れるわけがありません。vlogを撮っていたら、雨が降ってきてしまったなどのケースはあるあるです。

GoProはvlogを撮る人にはとても頼もしいカメラです。

5.自分で設定しなくても綺麗な動画や写真が撮れる

vlogを始めたばかりの人にとって、これが一番嬉しいと思います。

GoProには、最初から何個かカメラのモードが設定されています。

【動画の選べるモード】

・標準(フルHD/60fps)

・アクティビティ(2.7K/60fps)

・シネマティック(4K/30fps)

・スローモーション(フルHD/240fps)

【写真の選べるモード】

・スーパーフォト

・HDR

・標準

・RAW

それぞれで挟角、広角、リニア、スーパービューを選択することができます。

これらのモードを撮影する時に選ぶだけで簡単に綺麗に動画や写真を撮ることができるのです。私の場合は動画はアクティブでスーパービュー、写真はスーパーフォトで広角でいつも撮影しています。

自分にあった設定を見つけてみてください!!

まとめ

ここまで、GoProの魅力やvlogにおすすめな理由を解説してきました。

GoProの大きさや手振れ補正は、実際に使うと感動してしまうレベルです。GoProなどのカメラを一つ持っているとあなた自身の行動も変わってきます。

カメラを持つと大切な事に気が付きます。それは、あなたの周りには美しいものや魅力的なものが溢れていることです。

現代の人には、ぜひともスマホ以外のカメラを持ってほしいものです。

ぜひ、皆さんが撮った写真や動画も私に見せてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました