全くの初心者がYouTubeを始める方法を徹底解説【超簡単】

スポンサーリンク
エンタメ

こんにちわ、ぽんたです。

最近では、多くの有名人もYouTubeに参入していて、またYouTubeが盛り上がりそうです。

そこで、今回は「初心者がYouTubeを始める方法」について話していきます。

【記事を読むメリット】

・YouTubeをやるメリットとデメリットが分かる

・YouTubeの始め方が分かる

・自分に合った動画スタイルが見つかる

最後には、YouTubeをするのと同時に始めたほうがいいSNSも紹介します。

・YouTubeのメリットとデメリット

・YouTubeの始め方(超簡単)

・おすすめ動画スタイル(男女別)

では、早速解説していきます。

YouTubeのメリットとデメリット

多くの人がYouTubeのメリットとデメリットは知っていると思います。

しかし、それはYouTubeを使う側のメリットとデメリットにすぎません。

今回、解説するのは「YouTubeで動画を投稿するメリットとデメリット」です。

YouTubeをするメリット

・成功すれば高収入

・有名になれる

・動画編集の技術が身につく

成功すれば高収入

皆さんも知っていると思いますが、成功しているYouTuberの年収は軽く1000万を超えます。

さらに言うと、YouTubeで一度成功すると、何をやっても成功しやすくなります。

よくあるケースは、ゲームチャンネルやサブチャンネルを作り、収入源を増やすケースです。

これらのチャンネルを作るメリットは、メインのチャンネルよりも気軽に動画を投稿できることです。

このように、YouTubeは成功すると莫大な収入を得ることが出来るようになります。

有名になれる

「YouTubeと言ったら!!」ですよね。

YouTubeをやるということは、誰かに見てもらうということです。

有名になるにつれて知名度も上がり、もしかしたら町中で声をかけられることも?

そう考えると、YouTubeをやる価値はあると思います。

もう、一般人のように過ごすことは難しくなるかもしれません(笑)

動画編集の技術が身につく

YouTubeをやる上で、動画編集は避けては通れない道です。動画を撮る時間より、動画編集する時間の

方が長いものです。なので、YouTubeをしていると動画編集の技術が自然と身につきます。

動画編集の技術は、これから需要が高まると予想されています。

そんな、動画編集の技術が習得できるのは、YouTubeの一つのメリットです。

YouTubeをするデメリット

・誹謗中傷を書かれる可能性がある

・収益化するまでが大変

・個人情報がバレてしまうかも

誹謗中傷を書かれる可能性がある

これは、YouTubeに限らずにSNSやインターネットを利用する上で気を付けるべき点です。

YouTubeで動画を投稿すると、ポジティブな意見だけではなく、ネガティブな意見もあります。

なので、YouTubeをやると決めたなら、誹謗中傷のコメントは無視するくらいの覚悟でやる必要が

あります。

収益化するまで大変

YouTubeをやると感じることがあります。それが、収益化の壁の高さです。

【YouTubeでの収益化の主な条件】

・チャンネル登録者が1000人以上

・総再生時間が過去12か月で4000時間以上

見てもらえれば分かる通り、YouTube初心者には簡単に達成することは難しいです。

しかし、これらの条件を満たすことが出来たら、あなたはもうYouTubeで稼ぐことが出来る技術を

有していることになります。ぜひ、目指して頑張ってみてください。

個人情報がバレてしまうかも

このデメリットはSNSでも同じですよね。

個人情報がバレると、住所を特定されたり、通っている学校を特定されたりします。

YouTubeで地元の街並みを映していたら、場所を特定できるようなものが映ってしまった。

YouTubeを始める方は、十分に気を付けてくださいね。

YouTubeの始め方(超簡単)

お待たせしました!

ここからは、私が実際にYouTubeを始めた方法を紹介します。

【YouTubeに動画を投稿するまでの手順】

1.チャンネル作成(すでに持っているチャンネルでOK)

2.動画を撮る(スマホOK)

3.動画編集ソフトで編集(おすすめの動画編集ソフトを紹介)

4.サムネを作る(最初は動画の中から探せばOK)

5.動画を投稿(説明文を添えて)

では、分かりやすく話していきます。

チャンネル作成(すでに持っているチャンネルでOK)

YouTubeをよく見ている人なら、見ている自分のアカウントがあると思います。

そのアカウントを使えば問題ありません。

もし、アカウントを1から作りたいという人は、簡単に作れます。

1.YouTubeにログイン

2.チャンネル作成のボタンをクリック

3.詳細情報を入力して完了

まだ、作ってない方は作ってみてください!

動画を撮る(スマホでOK)

皆さんが思い描くYouTuberの作業です。

動画を撮る際に使うカメラは、持っているスマホでOKです。

また、動画を撮る際にあったら便利なものを紹介します。

照明:顔の映りや物の映りが良くなる。一定の明るさで撮ることが出来る。

三脚:ほぼ必須アイテム。角度や高さを調整するために使用。

この二つは持っていても損はないでしょう。

初心者
初心者

動画を撮るって言われても、何を撮ればいいの??

この質問には、後で話す「おすすめ動画スタイル」で答えます。

動画編集ソフトで編集(おすすめの動画編集ソフトを紹介)

編集は、最も時間のかかる作業です。

しかし、YouTubeをする上で最も大切な作業でもあります。

動画編集はパソコンでやるのが理想です。スマホやタブレットでも出来ますが、

細かい作業などはパソコンの方が断然有利です。

初心者
初心者

おすすめの動画編集はどれ?

この質問には、この記事の【おすすめの動画編集ソフト】で答えています!

スマホでも動画編集ができるように、スマホでおすすめの動画編集アプリも紹介しています!

ぜひ、ご覧ください!

サムネを作る(最初は動画の中から探せばOK)

この作業はYouTubeを見ている側だった人には、馴染みのない作業だと思います。

初心者
初心者

サムネって何?何をすればいいの?

サムネとは、動画がYouTubeなどに表示される時に動画内容が分かる画像の事です。

【vlog】誰もいない朝の海岸で

これは、私が簡単に作った動画のサムネです。

このサムネからは、熱海という場所でvlogを撮って来たということが分かると思います。

サムネに使う画像は、本当ならサムネ用に撮るのが一番いいのですが、

最初は動画の中から、お気に入りの画像を抜き出すことをおすすめします。

初心者
初心者

サムネを作る用のソフトやアプリが必要なの?

もちろん、サムネ用のソフトを用意するのが一番いいのですが、

私のおすすめは動画編集ソフトでサムネを作り、完成形の所で止めて、スナップショットを

撮るのが一番簡単でしょう。

動画投稿(説明文を添えて)

やっと、動画投稿です。動画投稿はとても簡単です。

YouTubeの右上にある「動画をアップロード」と書かれているボタンを押して、

指示に従って、動画やサムネをアップロードするだけです。

その中に、説明文を書くための空白があるので、動画を撮った時の裏話やSNSの紹介など、

自分が書きたいことを書けばOKです。

ここまでのまとめ

ここまで、YouTubeに動画を投稿するまでの手順を説明してきましたが、

初心者
初心者

やることが沢山あって、大変そうだな。

このように感じた方もいるのではないでしょうか?

しかし、一つ一つの作業はとても簡単で、「ここは、この角度から撮影してみよう!」や

「ここは編集でつなげよう!」とか考えながら動画を撮ることはとても楽しいです!

おすすめ動画スタイル(男女別)

先ほどの「動画撮るって言われても、何を撮ればいいの?」に答えていきたいと思います。

しかし、おすすめ動画スタイルと言っても、美容系に興味があったら美容系の動画にするのが良いし、

歌が上手ければ、歌ってみたなどの動画にするのが良いでしょう。

今からおすすめする動画スタイルは、特に動画スタイルが決まっていない人向けです。

男子におすすめな動画スタイル

面白企画系の動画スタイル

食べ物系の動画スタイル

ゲーム実況スタイル

旅系の動画スタイル

面白企画系の動画スタイルは、YouTuberの中でも人気なジャンルですよね。

もちろん、動画スタイルを一つに絞るのではなくて、複数の動画スタイルを持っていてもOKです。

しかし、メインの動画スタイルは決めておきましょう!

女子におすすめな動画スタイル

・日常VLOGの動画スタイル

・メイク系の動画スタイル

・旅系の動画スタイル

・ファッション系の動画スタイル

女子の日常VLOGは、最近人気が出てきました。

例えば、モーニングルーティンやナイトルーティンですね。他人の日頃の過ごし方というのは、

とても興味深いものです。また、女子の方が強いメイク系は女の子の視聴者から人気です。

まとめ

今回は、全くの初心者がYouTubeを始める方法を解説してきましたがどうでしたか?

あとは、恥ずかしさを捨て、勇気を出すだけです。

皆さんの中にあるポテンシャルを動画で存分に発揮してください。

この記事を読んだ後にYouTubeを始めた方は、Twitterなどで教えてください。

楽しみに待っていますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました