【2020最新】結局どれがいいの?おすすめの音楽サブスクはこれだ!

スポンサーリンク
おすすめ

こんにちわ、ぽんたです。

大学生にもなると、クレジットカードを持つようになるため、月額を払ってサービスを受ける「サブスクリプション」に登録できるようになります。

その、サブスクリプションの中でも、多くの大学生が使うのが音楽サブスクと言われる、Apple MusicやSpotifyなどの音楽配信サービスですね。

でも、音楽サブスクは沢山あるので、どれがいいのか分かりませんよね。

大学生
大学生

音楽サブスクは、結局どれが一番いいの?

今回は、この悩みに答えていきたいと思います。

【記事を読むメリット】

・音楽サブスクのメリットとデメリットが分かる

・加入するべき音楽サブスクが分かる

・沢山ある音楽サブスクの違いが分かる

私が使ったことがある音楽サブスク:Apple Music, Spotify

実際に使ってみた感想も話していきたいと思います。

音楽サブスクのメリットとデメリット

・人気音楽サブスク5つを徹底比較

加入するべき音楽サブスクはこれだ!

では、早速話していきましょう。

音楽サブスクのメリットとデメリット

そもそも、音楽サブスクとは何でしょうか?

毎月定額を払えば、その音楽アプリに入っている曲が無制限に聞けるというサービスの事です。

この説明を読んで、「最高じゃん」と思った人と「そうなんだ」と思った人に分かれたと思います。

そうなんです!そこにメリットとデメリットがあります。

【メリット】

・音楽が無制限に聞ける

・新しい曲に出会える可能性が広がる

音楽が無制限に聞ける
大学生
大学生

は?当り前じゃん!!

多くの人がこのように思ったことでしょう。ですが、しっかり考えてください。

アーティストや音楽家、編集者などの多くの人が何日、何か月、何年かけて、やっと完成した2~5分ぐらいの曲を私たちは聞いているわけです。

それが、毎月1000円も超えない定額で無制限に聞けてしまう。

サブスクで聞いた曲を一つ一つ買うと、どのくらいの額になるでしょうか?

恐ろしいことです。これこそが、音楽サブスクの最大のメリットです。

新しい曲に出会える可能性が広がる

このメリットは私にとっての一番のメリットでした。

皆さんも経験したことがあると思いますが、

YouTubeなどで好きな音楽を聴いていたら、関連動画で良さげな曲が出てきて、聞いてみたらすごいハマってしまった。

このような事が、音楽サブスクに加入すると頻繁に起こります。

【デメリット】

・好きな音楽を長く聞いていたい人には不向き

・CD離れが進む(アーティストの収益が減る)

好きな音楽を長く聞いていたい人には不向き

全員が毎日新しい音楽を聴いているわけではありません。

皆さん一人一人に思い入れがある曲があると思います。

思い入れのある曲や好きな曲だけを聴く人にとっては、音楽サブスクの定額は高いです。

当然、あまり曲を聴かない人にも音楽サブスクは不向きです。

CD離れが進む(アーティストの収益が減る)

これは、音楽サブスクの問題点でもあります。ほとんどの大学生がCDを買う文化に慣れていないと思います。

しかし、アーティストの大きい収入源の一つにCDの売り上げがあります。

音楽サブスクが今より普及したら、CDの需要がなくなり、CDが売れなくなってしまう可能性があります。

もちろん、音楽サブスクからアーティストにCDと同じくらいの収入が入れば、CDの制作費を減らすことができ、アーティストの出資を減らすことが出来ます。

しかし、これは難しいことで、実現することは難しいでしょう。

このデメリットは消費者に直接関係することではありませんが、考えるべき点です。

ここまでのまとめ

音楽サブスクは、音楽を毎日聴く人や新しい曲に出会いたい人にはとても魅力的ですが、一つの曲を長く聴く人には、毎月払う定額は高いです。

つまり、一日にどのくらいの曲を聴くかによって、音楽サブスクに加入するか決めればいいと思います。

人気音楽サブスク5つを徹底比較

音楽サブスクを比較することによって、私が後でおすすめする以外にも、お気に入りのものが見つかるかもしれません。

【人気音楽サブスク】

・Apple Music

・Spotify

・LINE MUSIC

・AWA

・Amazon Music unlimited

今回は、この5つの音楽サブスクを比較していきたいと思います。

【Apple Music】

月額:980円 学割:480円

楽曲数:6000万曲以上

特徴:iPhoneとの連携が神。みんなが思い描くような音楽サブスク。

Apple Musicはとても有名で「The 音楽サブスク」と言った認識だと思います。

iPhoneとの連携がすごく、アプリを起動していなくても音楽を再生できます。

【Spotify】

月額:980円 学割:480円

楽曲数:5000万曲以上

特徴:好みの曲が見つかる可能性が圧倒的。アプリがシンプルで使いやすい。

Spotifyは、まだ知らない好みの曲と出会える可能性が圧倒的に高いです。実際に、私も使っているのですが、毎日好みの曲が見つかる状態です。

Spotifyは聞いている人の好きなタイプの曲を自動再生してくれる機能があります。この機能はとても便利で、画期的です。

【LINE MUSIC】

月額:980円 学割:480円

楽曲数:6200万曲以上

特徴:歌詞が多くの曲についているので、練習することが出来る。LINEと連携(BGMなど)

LINE MUSICは多くの方が知っているのではないのでしょうか?

着信の時の音楽や自分のプロフィールにつけるBGMを設定できるのもLINE MUSICの魅力ですね!

【AWA】

月額:980円 学割:480円

楽曲数:7000万曲以上

特徴:圧倒的な楽曲数。Google play ベストアプリ受賞。

AWAはバランス型で、楽曲数は圧倒的に多いです。

また、他人が作ったプレイリストを聴くことも出来ます。もちろん、自分で作ったプレイリストも公開することが出来ます。

【Amazon Music unlimited】

月額:980円 学割:480円

楽曲数:6500万曲以上

特徴:アレクサとの連携可能。種類豊富なプレイリストが用意されている。

Amazon Music unlimitedはアレクサとの連携で、音声だけで曲の再生が出来ます。

また、楽曲数は音楽サブスクの中でも上位です。

ここまでのまとめ(音楽サブスク)

色々な音楽サブスクを紹介してきましたが、気になるものはありましたか?

音楽サブスクでも、楽曲数が多いものやアプリが使いやすいもの、好みの曲に出会える可能性が高いものと、特徴はそれぞれです。

ぜひ、自分に合っている音楽サブスクを見つけてみてくださいね!

加入するべき音楽サブスクはこれだ!

ここまで、様々な音楽サブスクを紹介してきました。

しかし、「今、音楽サブスクに入るならどれにする?」と言われたら一つです。

ずばり、「Spotify」です!!!!!!!!!!

【Spotifyを選ぶ理由】

・アプリが使いやすい

・自分好みの曲と頻繁に出会える

皆さんは、同じ曲をどのくらいの期間聞きますか?

もちろん、聞き続ける人もいるでしょう。

しかし、同じ曲だけを聞き続けている人はいないと思います。

新しい曲を聴いた後に馴染のある曲を聴くからこそ、馴染みのある曲の良さが際立つのです。

つまり、新しい自分好みの曲と出会うことこそ、私たちがさらに音楽を楽しむために必要な事なのです。

以上の事から、私は「Spotify」を強くおすすめします!!

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました